飯豊連峰・地蔵岳 20036.21


大日杉登山口07:50−長之助清水08:30−御田08:40−地蔵岳10:00/10:10お坪手前10:30−引き返す−地蔵岳11:10−登山口12:30着


大日杉登山口からの飯豊は初めてになる。以前下見に来た時とは違って大日杉小屋は建て替えられていた。すでにクルマが10数台止まってた、半分くらいは山菜取りの人達だ。小川で水を汲み、登りにかかる。間もなくザンゲ坂の長いクサリをよじ登る。陽射しが強いが、登山道は木陰に入り気持ちがいい。長之助清水で一服、水筒に水を詰める。ここで初めて人に会う、同じ県内の人で地蔵岳を日帰りするという。登山道の両脇にはアカモノ、マイズルソウ、イワカガミ、ギンリョウソウ等見かける。ここのイワカガミはほとんど白色である、わずかに薄ピンクも見られる。山頂近くで数本のヒメサユリが咲いてた、まだ早いかなと思ってたが、咲いてて良かった。
2時間で、誰もいない地蔵岳山頂に着く。真正面に飯豊本山が見える、まだ雪もたっぷりあるようだ。時間も早いし、お坪まで行くことにした。一旦下るようになる。ここには雪渓が残り、シラネアオイがいっぱい咲いてた。ほどなく、ヒメサユリが道の両側にいっぱい咲いてる場所にさしかかる、もう7分咲きだろうか。見事な咲きっぷりだ、ここで写真撮影。もう、これだけ見れば満足と思い、ここから引き返すことにした。
帰り道は、これから切合小屋に向かう人達とすれ違う、みなさんすごい荷物だ。下りは1時間半程で登山口に着いた

  



地蔵岳から飯豊本山

地蔵岳手前から飯豊本山をのぞむ 白いイワカガミ
ヒメサユリ シラネアオイ
ハクサンチドリ アカモノ